--年--月--日 Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年09月27日 Category : 未分類

五百蔵様と打ち合わせの後、池内さんにご希望の砥石お届けがてら、三木の展示会で遊んできました。
刃物クラブのあったところがそのまま会場。
田中さんは私と歳はあまり変わらん若手。
片刃はことごとく鍛接後鍛造を行っていると言う、昔ながらの方法で親しみやすい価格です。
特にV10あたりはステンと思えぬ切れ味で錆びると面倒に思う場合有効です。
特におおちゃくものの私は柳に御執心。柳=錆との戦いですのでコリャ革命的です。

あとは、shurikenの関西洋鋸の芦原様や池内様とムフフなものについて打ち合わせ。
新しい三木のおかしな品物ができると良いのですが。
何点か案は温めてあるので、数で勝負!か?

めっちゃ感動した長押の首切りを挽いても、お手手が壁に擦れて痛くない三角鋸で超有名な、ヒシカ鋸の神澤様が非常に面白そうな片刃の尺一の縦引きを誂えていたので、これはわたしが、ナンゾの機会に丸のこが届かんところのほぞとりに使いたいと強烈に思いました!
替え刃の全鋼は、首元から中子にかけてペナペナなので、本仕込に比べ腰砕け感と言うか、仕込みもがたがあって、これを使うなら、なまくらに衝撃焼入れをした廉価品のほうをどうしても選んでいました。
神澤様の替え刃の仕込みは、中子の巾で楔状に効かせているので、本仕込のものと遜色なく、板厚も一人前のものからすき上げてあるものと、硬度を少し落として更に厚板のものがあってなかなかムラムラします。
脱着も本仕込と同じように、ねじで締めるものでなく槌で叩くものでよ~く考えられているものだと思いました。

先週の紙面を賑わせた常三郎さんの女子のお弟子さんの頭を彫金した鉋とか男のお弟子さんの頭くりぬき鉋は、写真取るの忘れるくらいすごい出来栄えでそれはそれはたまげました。
たしか1年かそこらくらいだったと思うのですが、私が思うに2人とも天才の域かとても頑張って精進したものであると思います。
年末くらいにできる新しいカタログの表紙に鉋が二枚載っていると思うので見るべしです。
そりゃたまげます。

Tanaka chefknives-4 Tanaka chefknives-3 Tanaka chefknives-2 Tanaka chefknives-1
ほんまの鍛接鍛造物ですぜ。一番右の分厚い塊から、鍛説して叩き延ばす手間は想像を絶するものがあります。

Tanaka chefknives making rust experiment-2 Tanaka chefknives making rust experiment-3 Tanaka chefknives making rust experiment-1
青でも四半日で良く錆びます。池内さんがコメドで錆取りして遊んでいます。
左のステン+V10が新製品!!!これは私も一本買って田舎で刺身するのに持っておこうと思います。

Tanaka chef knives the 1st prize in UK -1 Tanaka chef knives the 1st prize in UK -5Tanaka chef knives the 1st prize in UK -4
実は、UKではV10積層三得165mm5.5万!!?それだけの価値はあるということです。

Ikeuchi shuzon kiridashi made of 350+ years old aucentic Japanese nail Watetsu池内さんのおやっさんが和釘から鍛え上げた地金の小刀
スポンサーサイト
2007年11月30日 Category :


今週も白砥で暴れたあとに奈良の南方の最果てまで、大工さん頑張りに行かせて頂きました。

長辺尺一ある大斗をこさえます。

斗(masu)は、吉野のひのきの一等材。

節だらけで、強度があり特に吉野のものは、脂身が強くしなやかで粘りのある材です。

これが地松の逆節並みに曲者で、ツマラン刃物ですと一撃のものに砕け散ります。

節は、とっても魂が入っていて、手早く倒すなら大きめな木槌で叩きまわしていじめていかなければなりません。

先日の新しい炭素鋼で作られた鑿の耐衝撃性を実験する絶好の機会です。

結論からいうなれば、突いて良し。強激にも耐えます。




daito1.jpg image by mifuqwai
daito2.jpg image by mifuqwai

斗が二個つながったもの。鋸目の入れ方は、その工務店や地方で変わってきます。

今回は、面から五分入ったところを抜いて逃げを取るやり方。



daito3.jpg image by mifuqwai
daito4.jpg image by mifuqwai

新品の一寸中薄。例のごとく、刃先を軽く叩けば、伊予砥コメドのみと常三郎さんの金盤を使い二分で裏だし鏡面仕上げ!金剛砂は絶対不要。キング1000番汁でも十分かと思います。

刃表は、天然砥石で丁寧に研ぎこむと、地金になにやら模様が出ることが多々あります。

地金のことも、秘密とのこと。

中薄は、叩きの丈で作りは中叩きと考えていただければよろしいかと思います。

ですから本来は、フルパワ~ヒット無くして玄翁の大(560g)までで叩くこと。

私のような1.5kクラスのデカイ木槌を使うことは良くない使い方です。




daito5.jpg image by mifuqwai
daito6.jpg image by mifuqwai

一番上の写真右の、鋸目に段差があったところは、開けるとこうなってます。

順手・逆手に構えて手前・向かい共に叩いて真っ直ぐ取り易く切れ味も絶好調。

全力で節をたくさん叩きまわしても、捲くれはほぼなく、欠けもしません。




daito8.jpg image by mifuqwai
daito9.jpg image by mifuqwai

敷き面には渡りを付けず、逆にのこして逃げをとるやり方。敷き面の中隙はル~タ~(台改造日立工機M12BA)で取ってますので、機械刃物単価が高く自分の財布が痛むので、特に硬いところはでいじめておくのです。

画像左のように桟を貼っておく意味は少し感がえると意味が分かると思います。

朝お仕事前に、このを下ろして超過酷に叩きましたが、以後一度も研いでませんので、もちろん仕事は捗ります。

一日で、斗繰りの手前まで完了。

斗一個につき、8面つらをたたき仕上げですから、80面仕上げたことになります!!もちろん他に鋸目ではつり飛ばし、節は一個一個のみで抉っていきましたので、如何に驚異的な永切れがお分かりかと思います。




daito7.jpg image by mifuqwai


信じがたいですが、一日研がずに使えました・・・

正直な感想は、「なんじゃこりゃ~ぁ」です。

ここまできたら、意図的に刃にダメージを与えた場合どうなるか知りたくなるものです。

思い切り節の中に斜め叩き込みながら、下にこてるとは確実に欠けます。

使い込むと少し甘くなるかもしれませんが、だれ無く、飛ぶ種類のようです。




spark2.jpg image by mifuqwai
spark1.jpg image by mifuqwai

火花試験です。

どの鋼種か?それは職人さんの秘密。

1%以上カーボンとは聞いてあります。

普通の白二以上に枝分かれのする炭素鋼火花があるような???


取り敢えず、価格と種類です。参照ください。





来週は斗繰りガンバリマス


メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。