--年--月--日 Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月10日 Category : 三河白

 


押すと拡大


先月頂いた鳳来山で採集された最後の三河白原石から一番荒そうな、ボタンといわれるもので研いでみました。
伊予で上げて1-2分程度で、こんな感じ。目視で条痕わかりづらいかと。
石はカナリ硬いですが、切断刃物の掛かりが良いのが謎多きところ。
目が良くそろって研磨力あって素敵。
ドレッシングは、伊予やダイヤ400でやると弩級の研磨力がたちまち復元できます。
粘板岩とは一味違う使い心地があるようです。
好みが分かれるかもしれません。
このたびのものは仕上げの部類に入る石だと思います。
原石が多くあれば文句なしなのですが、残念。

スポンサーサイト
2007年11月10日 Category : 砥石

砂岩最北端登場!


Gunma_sagan1.jpg image by mifuqwai
Gunma_sagan2.jpg image by mifuqwaiGunma_sagan3.jpg image by mifuqwai

砂岩系の砥石は、西から天草・伊予・紀伊大村・三河とあり、概ね東ほど生地が細やかです。

しかし、刀匠と刀剣研ぎ師の両方をこなす方より、とっても面白い砂岩の原石を頂きました。

一個一個の原石は羨ましくも比較的小さく、中身に年輪が入っている例の手です。

硬さと、生地は伊予のものとまるで異なります。

硬く、生地もかなり細そうです。

実際使っていらっしゃる刀工の方曰く、三河の中のチョイ荒め?とのこと。

ガッツ漲る時に、あつらえてみます。
2007年10月07日 Category : 砥石


この日は、午後から削ろう会にお邪魔して、大突の良いものと新田を販売させていただきました。
勿論、例の玉鋼鉋の件もこの日いらっしゃった田斎さんにお伝えしておきましたが、もう少し研ぎへしてみようと思います。
時間を掛け、苦労して誂えになったものですから、こちらも相当時間を掛け苦労して使い倒すべきでは?と考えております。
結果を出すのには時期尚早かもしれません。
 大突は、同じ原石から一気に取ったもので個人的にいい感じのものが取れたと思っております。
大小六丁取りましたが、こいつだけ北方の先生用においてあります。
後は完売!ありがとうございます。
明らかに刃を当てていいなと思っていただける物は、このような場で試し研ぎしていただける環境であればすぐ売れて行ってしまいます。


 さて、寒いところにいらっしゃる先生へ。仰せの通り、120巾で取れるだけロングで誂えました!
サイズは 120x370x60 ほぼ正角で皮ケツつきです。 6.8Kg!
ご覧になってまた御連絡ください。
むっちゃ硬いけど地金は引きにくいものです。      

120x370x60_6800g_ozuku1.jpg image by mifuqwai120x370x60_6800g_ozuku4.jpg image by mifuqwai120x370x60_6800g_ozuku3.jpg image by mifuqwai120x370x60_6800g_ozuku2.jpg image by mifuqwai
120x370x60_6800g_ozuku5.jpg image by mifuqwai単体では、チビットしかトクソ出ません。ほぼ鉄粉です。
120x370x60_6800g_ozuku6.jpg image by mifuqwai
おしっこにいって帰ってくると、鉄粉が良く酸化して錆色になります。
細やかな生地のものに顕著に起こる現象です。

1103.jpg image by mifuqwai
地金は、〆気味の錬鉄


1109.flv ohzuku_sharpening video by mifuqwai
撮影の方向間違いました・・・ご覧のとうりとても硬いです。


1113.flv Ohzuku_with_Iyo_white_star_nagura video by mifuqwai
伊予の白星で名倉としますと、伊予の方ばかり削れてしまいます。
このトクソの上では研磨力は上がりますが、生地はその分荒れて曇った感じの仕上がりになります。
砥粒自体に角が立たず、砕けが早いので、深い条痕はのこさず、名倉の働きとしては、比較的荒い生地での砥幕を生成して沢山刃を下ろすところから始まり、砥幕自身の生地が小さく砕けながら、刃につく条痕も巧く浅める様な研磨が実現するのでは?と考えております。
伊予の大きな特徴としてかなり粘り気のある砥幕となり、研ぎ感向上、地引きの防止、刃当たり向上とムラなき研磨が実現しやすいと思います。
動画で確認できる通り、ザクザク下りているのがわかります。
他、とても嬉しい何ともいえないモチモチ研ぎ感が発現して参ります。
こればかりは動画を以ってしてもお伝えできないのが残念!!
見た目より、条痕の深さが浅く、後の研ぎが大きく捗りそうです。


1112.flv iyoto_rust_remover video by mifuqwai
この日の試し研ぎ用の鉋の裏です。
ジタバタで、お手入れせずおきましたので、何とも罰当たりな錆錆です。炭素鋼なのでいちころです。
粘りある砥幕かなにかが、功を奏しているのか?ムチャクチャ錆が取れます!!
白星の粘りある伊予砥は、刀剣関係や古い道具の手入れがお好きな方に錆見抜きと下仕上げ砥石への繋ぎとして抜群の評価を賜っており、嬉しい限りです。
基本は、鋤き取りの条痕の方向と同じ方向でこするといいかもしれません。


小さい伊予砥の方もこのようにいろいろ使えると思いますので、お引き立ての程宜しくお願いします。


 

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。