--年--月--日 Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月18日 Category :

YXRのみ刃が小さく欠けるということで戻ってきましたが、最低限裏押しと表刃を研ぎましょう。
新品は人造の粗で上げているだけなので、そこから飛んだりすると思います。
しかし硬い!少し懲ります。

IOROI[五百蔵YXR研ぎます]-2
とても、裏がでにくので、ひたすら叩かねばなりません。
思いっきり叩いても割れはしません。
そういう鋼です。
鋼の厚いのは、熱処理上構成元素の拡散の問題があるのでしかたないそうな?
これからの技術で改善していただきたい!切に望みます。

IOROI[五百蔵YXR研ぎます]-1
常三郎金盤でおします。
伊予の砥石のクソがとても押しやすいです!
カバーする番手が非常に広範囲で、鏡面まで一気仕上

IOROI[五百蔵YXR研ぎます]-3
伊豫砥と併せて裏押しを少し行えば錆びも一発で退きます。
金盤の油挽き保管もいいかもしれんですが、油を完全に切らないと使えませんので、ちょっと嫌に成ります

IOROI[五百蔵YXR研ぎます]-4
桂はめき(下がり輪下ろし)は金床にもなっちゃう。
下ろさずに叩くと輪がめげるので削るか軽い場合は叩いておなおし。

IOROI[五百蔵YXR研ぎます]-5
2-3分ひたすら手かけやで、樫材をふるぱわ~ヒット。
僅かしか痛まず。
そんなわけで、構造ベニヤとか細い軟鉄釘くらいならチョン切ってしまいます。


スポンサーサイト
2009年02月11日 Category :

左がみかんになります。右はぐみ。
木目がさらに浮き立つ方法で作っていただきました。
よくある塗装のものではありません。
Orange handle[みかんの柄 安平木工製]-4.JPG Orange handle[みかんの柄 安平木工製]-3.JPG Orange handle[みかんの柄 安平木工製]-2.JPG Orange handle[みかんの柄 安平木工製]-1.JPG
自分用に作る以外で、製品状態の柄にみかんが使われるのは今まで無かろうと思います。
思いのほか美しいみかん柄にびっくり?

これに併せて、以前より段取りしていた加治屋さんによる完全手打ちの下がり輪と口金を用意していただきました。
下がり輪に関して、三木では機械打ち手打ち風のものしか残ってません。
黒いものが一般の手打ち下がり輪。見比べるとよりボコボコです。
内側は鑢がけ。
full hand forged chisel hoop[手打ち下がり輪磨きやすりがけ]-4 full hand forged chisel hoop[手打ち下がり輪磨きやすりがけ]-3 full hand forged chisel hoop[手打ち下がり輪磨きやすりがけ]-2 full hand forged chisel hoop[手打ち下がり輪磨きやすりがけ]-1

口金に関して、三木では手打ち磨き仕上が全くなくなってしまったのですが、この機に付くような事があればいいなと思います。
しかし、非常にお手間のかかるものなので口金代が大きくなります。
大昔のものは板を鍛接してわっかにして鍛えていたので、こういった風合いの口金になっていたようです。
full hand forged chisel squrt[手打ち磨き口金]-4 full hand forged chisel squrt[手打ち磨き口金]-3 full hand forged chisel squrt[手打ち磨き口金]-2 full hand forged chisel squrt[手打ち磨き口金]-1
いずれも、一度ホームセンターのカセットコンロ用のボンベを使うトーチでよいので焼いて青紫とかなすび色にしてあげると良い感じです。

これらはえんじゅ柄
Takaushi semi striking chisel[高丑中叩きえんじゅ柄]-3 Takaushi semi striking chisel[高丑中叩きえんじゅ柄]-2 Takaushi semi striking chisel[高丑中叩きえんじゅ柄]-1 Ioroi 12mm post and beam chisel[五百蔵穴屋鑿12mmえんじゅ6寸]
2009年02月05日 Category :

いや~最近サボって申し訳ないです。
納品物と翻訳仕事でおやまか机に缶詰状態です。

言い訳はさておき、本日もハフハフ状態にてご報告のお電話頂戴いたしました。
口金削っていよいよ最終的なの旋盤仕事の段階では、先述のとおり材の硬さとか脆さが分かると聞きます。

バイト当てるととても硬いといった感想でありこのばあい、固定するための爪が滑ってから回りするそうなです。
しかし!みかんは爪がよくかかって滑らぬという事です。
爪の掛は、材の粘りというかしなやかさを推し量るよい手がかりということで、この二つの相反する性質を両立できる材は、あまり無いのです。
勿論材は両方必要ですから、みかんは最高という事になります。
しかも
目が積んでいて、美しすぎる木理
殆ど芯もちで
脂身で腐りにくく
濡れ手で触ると白樫のように変色するようなあくも出ぬ
といったお約束条件も全てそろいます。
自体は、
全体的に細身で
口金の面は小さくやや木彫様に近く
安平さんお得意の合わせ仕込みで
必ず安平刻印を打ってもらわにゃ
という要望で纏めて見ました

職人さんの名が刻まれたでナイト力も入らないだろうしどうしても納品物の流れ仕事にならぬようにという粛清のための刻印でもあります。
みかん安平木工といったような感じで名が世に通れば、付け職人というなかなか気づいてもらえないような職にもあふれんばかりの日の光が当たるはずです。

私の段取りとして、三木では絶滅してしまった完全手打ちの下がり輪と口金をお願いしてあるので、それも併せて使っていただかねば、最高級のを目指すにあたって悔いが残るものと思いジタバタしているわけです。
しかし流石に転がりにくい四角い下がり輪は勘弁といわれちゃいました。
こめんなさい。

もうすぐお手本が届くはず。

わくわく。
2008年12月25日 Category :

gumie [安平木工グミ柄]
な~んじゃこりゃ
と目をひく様なです。
グミで出来ていて、4.5寸丈で出節丸太ならぬ出節
安平さんか池内さんが撮影しなさったものです。
先日の樫の割り材でつくったも面白いですが、こんなのも良いではないですか?
皮をまくって芯だししていくのが苦労なさるようです。
削りきってしまえば今までのですから・・・
実は、安平材木コレクションにはみかんも乾燥中でございます。
しかし、あぶらぎっていてなかなか乾かんのです。
柄付け職人さんは、鍛冶職のように銘を切る場所すら用意されておらず、縁の下の力持ち職人さんかもしれんです。ならば、形や材で勝負です!!
しかし、色々知恵を絞ってよいものを誂えれば、どんな職人さんでも脚光を浴びる機会はあるはず。
私は、材に関してのブランド化に取り組み、池内さんは、職人にしか出せない知恵を絞り、これからおもしろ~いものを色々考えていかねばなりません。

あ~、リクエストいただき、芯をはずした柄とか口金の楽な据え方とか挙げるといって置きながら、一月くらい放置です。
スミマセン、今年中にはできるかな>?

2008年12月22日 Category : 未分類

いつも多大なるご迷惑をおかけしているお客様に柄据えを依頼されると、Yes ,we can.しかいえますまい。
ということで、一連の仕事を撮っておきましたので参考になればありがたいです。
頭によぎったことを断片的に思い出して、書きなぐりです。
考える愉しみとして取り扱ってください。
考えたり、難儀したことが、出来上がった道具へのLOVEや思い出になると思います。
仕事の速い道具であるを使うには、頭と持ち手を支点として転がって止まるところで鉛直と水へに芯とカネテの基準面を作ってあげると半ば仕事は終わったようなもの。
身持ちも多めに取っておくとの挽き代も取れるし、墨もしよいので、結果速くて正確。
それでこのたびは、は使わずだけで仕事をしました。
強靭さとしなやかさの均衡とクラッシュハイトを取っても耐締め性が最強な為端割れせず、柄材としてこの上なく上なのです。
加工している時の香りは、樫の薄赤とか芯に近い硬い奴によく似ています。
結構記憶に残る上質な香りかと?
 --
カツアイしてますけど、要点は、寸法とりに物差しを使わないこと。
芯を出すこと。
芯に対して、大き目の平行の線を引いておいて、メッソをしんじませう。
基本的には、墨は片墨。
折矩で取っておくだけでok。
持ち手と槌頭のところを差金で結んだ線を芯とすると、叩いた時に頭に回転力は働かないてすむ。
持ち手と頭のところからみて重心のあるところを鉛直下に持っていって、そのまま櫃の縦の芯とするということも意味する。探し方は簡単で、据えるところと持ち手のところで2本のエッジを立てて乗せると勝手に出ます。
この辺はこやまるたの木取りと似たようなもの。(束の力点も考えなくてはいけないが、柄の場合はなし)
それを第一基準線として直交で展開して、同じく持ち手と結んで芯とする。
芯を取るのは一見面倒なように感じるが、これを取らないと叩いた時に回転しやすい物になったり、打撃面が常に変な方向を向くことになるので、とても疲れるか、釘を打てばよく曲がる。
今回は、肘より下のほうで打撃面を多用すると思われる、300gの小々江戸型なので、平らな面に対して反り上がりを持つように据えると、肘下でのスナップ効かせやすく、手首の位置が楽なところでおさまる。
hit多様の場合は、肘上で使うことが多いので、どっちに反りを持ってくると楽か考えると?
自動的に据えたくなる方向が見えると思う。
芯さえつけることができれば、こんな感じで、やのみを使って、きわどいところまで一気に取れるので、ソマ角で柄を木取りしてしまえば、本製品の柄と仕込み仕事自体の手間は何ら変わりない。
むしろ、実があまっているのでを使うことが出来るので、ソマ角の柄のほうが、早くて正確に仕込が出来る。
みかんの場合思いっきりクラッシュハイトがあって、たたき締めていっても、実に不気味なくらい割れにくい。
絶対ムリじゃ!というくらい大きめに作っても良く入ります。
実際の仕込みは、尻を木槌で思いっきり叩く。空中で軽く握って思いっきり叩くと良く効く。
かなづちはx。
柄の尻が割れるか手を思いっきり叩いてとても懲りる。私は懲りた思い出が多くあります。
木槌ならフルストロークしても打ち損じることはナイ。
慣れると15分仕事です。
柄で釘頭を叩かない限り一生物のみかんの柄。イッチョいらんかえ?

Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-01 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-02 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-03 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-04 ものさし使わず、厚紙楔でOK
Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-05 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-06 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-07 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-08 芯取り、寸法移し。平から決めること
Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-09 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-10 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-11 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-12 身持ち多いと楽そうでしょ?
Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-13 愛と憎しみを込めて締める。締めは流石に金槌の口盛り面で!みかんは耐締め性も最強
Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-14 こんな感じでフルストローク!柄は楽に握らぬと痺れます。
Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-15 芯が持ち手に伸びてます。二方向反りなのです。だから重心取りと鉛直水平芯出しが要。
Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-19 この反りでは完全右利き用。
Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-18 Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-17 皮は、普通に剥げますがこれはこれで、滑りにくく味がある?
Iyo orange wood handle fitting[伊予のみかんの槌柄作ります]-16 この反りの場合、肘下打撃で拳が接地しにくく、見下ろしで振りやすくです。

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。