--年--月--日 Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月15日 Category : 砥石誂え

そこ穴つきの発注賜り、作ってみました。
凍ては禁止でお願いします。
それで腰水付けおきがお勧めなのです。
画像は30φものと60φものです。
ようやく加工技術の方向性が見えてきて、歩留まりも向上しましたが、工具がすぐメゲテシマイマス。
これは砥石なので仕方ないのでしょう。
どれほど色が変わるかというと、水をぶっ掛けただけで砥石をお持ちの方ならご存知のとおりこんなに発色します。別に彩度を上げる加工なんてしてません。
おもちゃみたいな石です。
20090916142225

iyo

今月のプレゼントにはかなりかわいい草を差し上げます。
NICHHINICHIIYOPOT
これでいきましょう!かなり大きいです。60φ抜きと思います。
かわいいお花はHCで78円で売っている日々草です。おかしなひれのめだかもつけます。
とても安いですが毎日違う花を咲かせる凄い奴です。
しかし!ものすごく水分を吸い上げていきますから朝夕二回以上は水遣りせねばならず、管理でげんなりしてしまいます。
これは、8月末に実験用に根の土を全て洗い流し、砥石の粉のみで育ててみよう!を試しました。
2日間は、しわしわになりましたがその後はとても元気になってご覧のとおりです。
もちろん放置で毎日元気に開花ですが、水位がかなり下がると、だんだんしわしわになります。
室内でも元気ですから、店舗などにもかわいいかも知れんです。ちょっと青臭い香りがしますが。
冬に寒さでめげて枯れますが、室内だとどうなるのでしょう?
Getできた方がうまく育ててくれることを祈ります。
肥やしは全くあげていないので、気が向けばあげてやってください。
78円手間要らずで毎日新しい花が拝める幸せ。いかがなもんでしょう?
意中のあの娘のハート鷲掴みのこと請け合い
こちらよりご応募ください。
http://330mate.com/page/26
スポンサーサイト
2009年06月28日 Category : 砥石誂え

日曜もいつもながらがんばります。
齢を重ねるたびに、まじめになっていく自分があると思います?
日の暮れまで伊予鉢を作って、再びの石ちゃんのご用命をいただいていたということで、砥取屋の土橋様のお宅に電撃訪問!
奥様が草木が好きですって!?
それはそれは素敵なことです。この子をむりやりお一つおいて帰りましょう。
ということで、この子。二寸丸くらいの伊予鉢
Iyo bonsai pot
砥山でよく見る謎の植物。
私どもは気にも留めず踏み踏みしてるものですが、日向から半日陰を好みます。
耐陰性は弱。めだかちゃんにもってこいですね。

で、本題。
土橋さんがためしとぎに出してくれたもので、
Maruoyama Shikiuchigumori
鋼はさびが残ってます刃先は丸のままなんで見ないように。
敷の巣板です。
敷で、内曇ですとぉ???
これは大事件です!
今までの天然砥石の産しかたでは考えられません。
浅黄色の巣板が産す層は、いかなる山でも天井ときまっとるのですから!
もちろん煙硝っ気ZERO
敷は、白、オレンジ、肌色、気味がかるが主だった基調で、砥石で一番初めに出来た先輩ですから、後輩の層によって上から押されて硬めで、天井よりもより高温高圧に晒され、最終層はガスの巣穴だらけでありよく脱色してあるので内曇のような浅黄が産す環境というのを想定しにくいと思います。
土橋さんによるといつもの敷白の目でそのまま奥行きをとると、浅黄(青灰色)になっとる。ということらしいです。
原石で見させていただいても、まるっきり蓮華の内曇で見事な巣なしで入りの肌もなし。
奥のほうだけ、水枕でもしていたのか、煮えなかったということなのでしょうが、どうしてスポットで熱の掛が弱かったのか?皆目分かりません。

1分程度適当とぎ。
柔らかで、ムチャ研磨力あります。
石の色が鉄の華色と近似のため、見た目的には分からんと思いますが、伊予程度の条痕から瞬く間にこの仕上がりにもっていけます。
アリエン。
体重乗せて力を入れて、中高く面を作って、悪意満々に研ぎます。
こうやると、砥石を刃のしのぎ面が、ピンポイントの接触面でかつ私の体重乗っかってくるので、必ずひけ傷が(小さい条痕)が出るわけです。
それで悪意満々砥ぎと表現します。
どんな銘砥でも、スカポン砥石に見せかけることが出来てしまうわけです。
悪意満々研ぎでも、この仕上がり。
疲れて目が見えてないに違いないと思いましたが、鉋の地金のカーボンが散ったところがバッチコ~ンと浮き出て、地はご覧のとおり条痕が一切見えなくて非常にお上品に整うと思うのです。
今までの砥石では絶対ない!ということです。
偽りなく書きます。
この日この時ありえない性能の砥石に、初めて当たりました。
これは間違いありません。
すごすぎるので、しばらく何にも考えず研ぎ倒してしまいました・・・

敷きは、肥が遅く積層様も緻密であるのでこんなお見事な横顔です。

Maruoyama ShikiuchigumoriMaruoyama Shikiuchigumori

ある程度存じているかたなら、この見事な積層様の恩恵は計り知れぬということを知っていると思いますので、これだけでノックアウトでしょう。
ムチャンコ側面から吸水します。
その恩恵で、砥面からは全く吸水しません。このやわらかさでありえないほどなのです。
電話帳に水をかける場合どういった濡れかたをするか思い出すと分かりやすいと思います。
積層目はすばらしい砥感と研磨力と雑味の少なさを支配します。


Maruoyama Shikiuchigumori
研ぎたて即

Maruoyama Shikiuchigumori
10秒くらい放置あれあれ???

Maruoyama Shikiuchigumori
30秒未満ソンナアホナ!?
コレモアリエマセン。

土橋さんに話しかけて首を元に戻すとこの有様なのです。
砥石革命キタリと脳裏に電撃的によぎりました。
こういう振る舞いの石は何が何でも握るように!!!

煙硝(砥石の元となった堆積プランクトン中の蛋白がそのまま硫酸塩や硝酸塩として残っている砥石で、酸化雰囲気が非常に強く温泉地のような臭気を持つ砥汁を作り出す)のどぎつい物クラスの鉄の華が酸化色を呈するスピードです。
しかも、相当研磨力が強い砥石で鉄分が多く砥汁に混入しなければなりません。
だだ、この丸尾山敷内曇巣板は、煙硝気は全くありません。
ということは、一般的な酸化雰囲気強度でありながら、鉄華即錆を呈するということに他なりません。
考えがたい状況であることをお分かりいただけますでしょうか?
この場合の条件は二つ。

1.研磨力が非常に強い砥石で、砥汁中にたくさんの鉄の華が介在しているということ。
2.鉄の華が非常に可憐で小さいもの。即ち、強烈に生地が細かいということになります。

1.は錆び色を呈する鉄の華の量のことを言い、当然量的に多くないと、目に見える変化として望めません。
いうまでもない当たり前な話です。
2.は、いきなり大きな丸太に点火するのと、鉋屑に点火するのではどっちが楽か?問うていると解釈してください。燃やしやすいのは、小さい細切れになったものというごく当たり前な話で、酸化しやすさも同様です。
では、1.があって2.がない場合というのは、荒砥石とかダイヤモンド砥石で研ぐ場合が当てはまります。
この場合鉄華即錆はもちろん観察できません。
鉄の華自体が大きいので、量は多くとも酸化も穏やかであるということになります。
それで時間さえ整えれば観察できるかもしれません。

私が、おべんちゃらで申しているのであれば、これらの画像を挙げることは出来ません。
ましてや、画像に関して日常的にごくありふれた原理と法則に則り理由だてすることも不可能なはずです。
結果と原因。この二つを常に組として挙げているつもりで、あとはご自身で確認してにやり笑いしていただくだけとなっております。

どれか一つしか天然の仕上げ砥石がもてないというのであれば、間違いなくこれです。
そのくらい抜き身出たものです。
鉋しか研いでませんが、この仕上がり肌。悩殺であり罪な砥石です。
またしても例のごとく話し込んでしまい、ご馳走いただき帰宅が23時。
ご馳走様でした。

2009年06月17日 Category : 砥石誂え

で、私もびっくりなのですが、マジで面つけにきて頂いちゃいました。
東の気がとおくなるようなところにお住まいですから、移動費とか考えると申し訳なく思います。
私なら絶対行かんです。あきれるくらいがんばっていらして、話しかけづらいほど。完全にお一人の世界に飛んで・・・
新たに誂えていただきましたダイヤの四角柱のブロックの耐久力実験もかねて昼から日の暮れまでごしごし。

#200,300,400,600番とあるのです。
持ちやすくていい感じ。
特殊カーバイドスチール母材を採用して、ニッケルのプレート二枚でダイヤをはさんでおり耐食性と耐脱落性が飛躍的に向上!
何度も駄目だしして、平面度は今までの替え刃式ダイヤと同格。
裏押しはアカンですが表のおろしや面の修正に最高です。
歩留まりと単価のバランスがが最も伸びる50x150くらいで、お願いしてみましたので、あっと驚く単価でお出しできると思います。

日の暮れには、絶叫必至の赤ピンの梨地フラッシュとか、明るい緑板とか、柔らかむらさきの超特級品が出ましたが、それれは面つけがんばっていただいたかたのものです。
もちろんお疲れさま価格で!
ありがとうございます。私のお手間も浮きましてウキウキ!
楽しそうな面つけも日ごろの行事となると萎えるものなのです。
私も頂きましたうなぎパイ食べてがんばります。

面つけ
伊予鉢
これ、おみやげ
めだかちゃんの赤ちゃんがたくさんいます。
奥様のご機嫌とりようになることを祈る。
2009年06月15日 Category : 砥石誂え

土曜の朝6時からお山の挽き場に上がって、鍛える、はつる、挽き上げる、磨くの繰り返し。
間府 中山~東の菖蒲谷高いとこまで五目。
日曜の昼下がりにはこんな感じです。
約400Kgでこの程度しか取れません。
6-7割はポイですね。
2days full power

で、今晩石ちゃん塗ってこんな感じ。
上から、お越しになる卸屋さんに持っていっていただきますから、まぁ。今がチャンス?
あぁ、つかれた。
Dead Nakaoaka-

それで、、遠方の方用に、ためしとぎ例のごとくOKなんですが、ご自身でダイヤで磨いてからお試しに研いでいただくという形でOKでしたら、きゃ~~ぁというような上を、ウソヤン!というような裏価格で出します。
磨いて、写真撮るとか文句考えるという手間が無しになるのでまたしてもお勉強できます。
ということでMAILかお声かけていただきますとサクッと段取りします。
完全に仕上ると行き先がそこそこ決まってしまいますので、融通かききにくいのもあります。ソコントコヨロシクデス!

よくよく、安すぎるとかショボイ石を挽いているナ?とかいわれちゃいますが、それは企業努力と仕事師の出来高が上がったということに他なりません。
一気にたくさんできるので単価を下げることができます。資本主義な感じです。
ショボショボ石であるといわれぬように、少なくとも一箇所は挽き上げて、側面の板なりの様子を見ていただけるようしてありますし、質の多くを語るお肌の無いものは捨てるか、捨て値で出していると思います。
石は天然ものですので、値段や銘で質が決まるのではなくて、2億年以上の悠久の時を経たときに身に着けてあるものは、一定の単純な法則性のあるものの積み重ねですから、具体的にそれを知ることで絶対的な品位というものが見えると思います。
銘や額面というものはあくまで、出てきて100万年そこそこの人間が言うところのもので、極めて相対的か抽象的かもしれません。

それで、肝心の具体的にどんなモンがあると上であったりXだと判断するかは、大工さんの木を診るときの眼に非常に似通ってます。
育つのが遅い材もあれば早いのもアル。
節やアテと同じような振る舞いのものもアル。
台風に晒されて時にできるような、たつわれとかよこわれもアル。
ぬくいところに居座り続けるとおもしろくなる。
等。
まぁ、研いで上と感じればそれが上ということでいいんじゃないかと?


2009年06月01日 Category : 砥石誂え

今日は、カットの発注が溜まってきていい加減怒られそうなので、一気に切りました。
 

 

2128-3 これが元の#2128スペシャル青砥原石

Cut the stones-1.JPG Cut the stones-2.JPG
真っ黒くてかなり硬くて無傷の超特級青砥がざくざく取れました。
これは非常にお買い得な原石で、しんじてくれてありがとぉ~でした。
原石ものの販売は、リスクはややありますが、良いものが取れたときにはとてつもなくお得なコースとなります。

かためは、積層面に沿ったところを研ぎ面としますから、画像のような感じで切ってイキマス。
横におわす方は先日のスペシャル黄・赤の無傷板。
これは右が切った型で売れたので、左75*205のかなり厚板で残ってます。
いかがでしょ?

Iyo bonsai pot-.JPG
で、最近めだかちゃん卵集めに呆けてしまうきっかけを作った伊予の鉢。
水につけると、ひじょう~~~うに発色します。
毎日卵が増えて、どんどん赤さんが出てきておもしろいですね!
最近ただの観察日記っぽくなってきました~。
いろんな品種の赤さんがいますので、大きくするのが楽しみです。
伊予鉢作成のお悩みは、はかどらんことです。
5月の連休に伊予でかなり作ったものは、村のおば様やGALに持っていかれてスッテンテン・・・
大口の発注に対応できなくて非常に参ったしていたのですが、日曜に私の無理な要求をいつもかなえてくれる、マシーン屋の立会いのもと、ざっくりあけてみました。
結構想いの仕事スピードが出せるものとなりました!!
あとは、耐久性です。コンクリドリルは、びっくりなほど坊主になるのが早いので心配なところです。
すみません本気出して作りますのでも少し待ってください。
ちなみにこれは、ご予約物でもうございません。
ガンバリマス

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。