--年--月--日 Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年03月31日 Category :

裏側の名称です。
かっこうにでっぱった段差が ありますと、深くつけません。
材にあたって傷が付きますので・・・
少しでしたら、金盤での初期なじみに+に働きます。
この辺りに鍛冶屋さんの ものづくりに対する想いがにじみ出てきます。

脚は かっこうと共に、裏が同一平面上にあるがための 定規となるところです。
太く大根脚になりますと 切削抵抗増および 次に裏押しするときに、研ぎ下ろす面積が大きくなるのでしんどいので、何一ついいことありません。
フィギュアのスケート靴ブレードやスキー板の幅が狭いのも、これとまったくおなじ考え方です。
鉋台が二点・三点接地であることを知るならば、脚も細い方が何かとよろしいと お気づきになるはず。

そして、かわいい女の子のように 細い足を維持させるためには、裏だしをする以外ほかありません。

スポンサーサイト
2007年03月31日 Category : 大工仕事

続きを読む "今週は。"
2007年03月26日 Category : 大工仕事

DVC00111.jpgからはふ うらごうから上やり直し
DVC00112.jpg
ミノこうとかけがわらのかかるひなだん
DVC00127.jpg
DVC00128.jpg


ハネギは麻のロープで縛る手法です。
ハネギはかやおいなどの 軒先部材に突き刺して 桁上を支点として 軒先に重力へ抗する力を与えます。
日本古来の大型木造建築 に必須の部材。
ロープで力点を縛るやりかたは飛騨の大工さんのやり方です。
初めて実際にやってみました。
郷に入れば郷に従えです。

現代工法では ボルト縫いとか 垂木とビスで連結とかです。
上等仕事では、組み物押さえの上にハネギ載せ、其の上に小屋を組んでいきますので、棟から吹き飛ばないと、軒先の線が大きく乱れることはありません。

2007年03月18日 Category : 大工仕事

DVC00095.jpg


大阪市内の築400有余年の方形 二層形式のお寺の修復工事です。
取りあえず のき回り解体。
いい和釘が 出てきました。
当時の鉄は 100%砂鉄を低温木炭還元する たたら製鉄 による玉鋼製でした。
日本の製鋼法はこれしかありませんでした。
 よい鉄から順に 刀 刃物道具 丁版・釘 という具合により分けて使われてきました。


当時のだめ鉄でも、今に至りますと 下ろし金で 炭素を吸わせることによって鋼に変身させる事ができるのです。
そのことを知ってから 一生懸命和釘採集です。
この母屋の残骸 燃やしてしまえば、楽に取れますが、街中なのでそうも行きません。

バールではほとんど抜けませんので、いろいろ道具使って 抜きます。
とほほです。


埃も半端ではなく 黒い鼻くそがわんさか出ます。
この鼻くそこそが こぼち(解体のこと) の醍醐味であり達成感を与えてくれます。



DVC00093.jpg
棟札によると昭和11年かわら吹き替えのこと。
土葺 とんとん貼りです。
昭和の時代の洋釘と 洋鋼製鎹がかなりあるので 識別が難儀でつかれます。


この現場からは 3Kほど取れました。
朝早く来て 休憩時間返上の賜物です。



メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。