--年--月--日 Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月27日 Category : 小刀

Shouzou Daascus Kiridashi 6,8,10,12mm[池内刃物 昭三作 雲流切り出し右,左,両刃あり]-8
池内さんの雲流切り出し6,8,10,12欧州圏のバイオリン職人様の御執心の切り出し
積層鋼は硬い地金になるので、このような身持ちが少ないにもかかわらず、硬いものを切削する場合向きます。
刃自体に剛性が出てくるので逃げにくく、切れ味が良いように感じるようです。
とぎにくさはありますが、切削面積自体がちいさいので、軽視してしまえば、その恩恵は大きなものです。
傘屋とかも身が薄いので、硬い地金のほうが好ましいことが多いようです。
SC系の地金もあるとか?
熱処理次第では槌や橋梁になる鋼材。
適材適所ですね。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。