--年--月--日 Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月25日 Category : ahonakoto

欧州向きに注文いただいた、小さい四角い伊予を刳って適当に植えるというもの。
向こうでは、普通の陶製の湯のみ位の鉢に、日本の樹木の苗を植えてあるのが流行っているようです。
初めは、六角とか丸とか八角にしてくれといわれたのですが、光触媒をしみこませるで勘弁してということで
何個か作ったものの残り。
下は抜かずに、水盤定置式。
私の、松杉桧は、四季を通じて伊予鉢の実験で無事に生きておりますので、おそらく浮かべておけば、無難に育つのではないでしょうか?
超適当放置状態でもがんばれるというのがうりです。
欧州向けミニ伊予鉢
欧州向けミニ伊予鉢-2
それで、窒素分固定用のクローバーが伸びすぎてタイヘン。
これは流石に放置しすぎです。
間引いて、肥やしように今干してあります。
ぼうふらの季節ですから、退治用に適当に入れておいためだかがどんどん卵産んでおもしろいです。
産卵床には、普通にもじゃもじゃな藻とかホテイアオイとか棕櫚(シュロ)のかわのもじゃもじゃがいいみたいです。
棕櫚はお寺の鐘楼にぶら下がっているあの木です。葉っぱがそてつぽいような??
非常にモジャモジャが向きにくく、燃やしてみたりいろいろ苦しめられた思い出がありますが、めだかにとてもよろしいとは知りませんでした!!
今年から、だるまちゃんめだかや色のおかしいめだかを新たに入れて、ぽこぽこうんで面白いので、山に行ったついでに、田んぼや川でみじんこ??掬ってどんどん水盤にほりこんでます。
といっても網を振るだけで大漁でとてもカンタン。
食いつき方が普通のえさと違います。生肉はおいしいようで食べ方が凶暴です。
ぼうふらでも養殖しようかしら?
クローバー勢力強すぎ!!! しのぶとか・・・
めだかのための生肉 みじんこ?
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。